生産から消費まで、農学と経済社会をつなぐ総合科学

世界の現在の人口は70億人、2025年には80億人となると予想されています。その時、食料や人間をとりまく自然環境はどのようになっているのでしょうか。飽食の一方で飢餓が生まれる世界経済のゆがみ、食料増産の一方で枯渇する生物種や土壌・水などの生産資源、豊かな農地を持ちながらも食料を海外に依存する日本の現状…どのようにしたら、私たちはこうした問題を解決することができるのでしょうか。

これからの時代、多様な農業形態を再評価しながら、人間と自然との共生を取り戻すことが求められています。そのための問題解決と新たな枠組みづくりを担っていくこと。これが農業経済学の役割であり、私たちの研究の目指すところです。皆さんは、本学科のさまざまなゼミナール活動に参加し、自分の研究課題に取り組みながら、幅広い知識と科学的な世界観を身につけることができます。

チェック!

  • 農業経済学科は下記の9分野から構成されています。

  • 理系の農学に、経済という文系の視点を用いる《文理融合》が最大の特徴。

  • 北海道独自の大規模農業や日本固有の協同組合など、農業経済を通して北海道や日本、世界のありようを再確認できる研究分野です。

  • 本学科のルーツは、旧五千円札の”顔”になった新渡戸稲造教授。一世紀を超える《伝統と先見性》が今も途切れることなく受け継がれています。

  • 農業経済学科独自の充実した図書室があり、専門の図書職員もいます。 設置当初の蔵書寄贈者の名前にちなんで「ウエストコット・ライブラリー」とも呼ばれています。

農業経済学に必要な経済学はもちろん、法学や社会学、歴史学、地理学、統計学などの基礎科目は1年次の一般教育課程で履修できますが、農業経済学科ではさらに、これらの応用科学や農学の基礎科目をカリキュラムに組み込んでいます。農業・食料・環境資源に関する自然科学的知識を身につけたうえで食料・農業・農村をめぐる社会経済問題の本質に迫ります。

ゼミでの議論の様子

1年生全学教育、年度末に学科を決める

2年生農業経済学科に進学
基礎科目・選択科目・実験科目を履修
年度末に研究室を決める

4月

2年生向け学科オリエンテーション
2年生学科移行歓迎会

6月

札幌近郊での日帰り見学研修
(農業経済学特別講義の一部として)

7月

栗山町での農村宿泊研修(農村調査実習として)

3年生前期から研究室に所属、選択科目・実験科目を履修

4月

各教員ゼミ配属のガイダンスと教員ゼミ配属の決定

4年生卒業研究・卒業論文を書く

8月

大学院前期入試

1月

卒論発表会

2月

大学院後期入試

3月

卒業式(学位記授与式)


  • 戦前では北大唯一の文科系学科であったこともあり、卒業生は各業種・各分野で活躍。
    他方、学生の4分の1が大学院に進学。

  • 経済学という基盤に応用力と理系の知識が加わった《文理をまたいだ学び》が各就職先から高く評価。

  • 《文理をまたいだ学び》などにより就職先は広く多様。これまでの就職先は、農林水産省、都道府県、市町村などの諸官庁、農林漁業金融公庫など政府系団体、農協連合会、食品メーカー、農業資材メーカー、商社、百貨店、スーパー・マーケット、生協、銀行、証券会社、新聞、テレビ、情報、住宅関連等の民間会社、中高教員など。

卒業後の進路

平成26 年度(28 名)

【就職先】
農林水産省、札幌市役所、三菱UFJ信託銀行、楽天、農林中央金庫、JA北海道中央会

【他大学進学】
北大経済学研究科、東京大学大学院、海外大学院

平成25 年度(20 名)

【就職先】
農林中央金庫、三井住友銀行、みずほFG、札幌信金、伊藤忠商事、全農三重県本部

【他大学進学】
北大公共政策大学院、東京大学大学院

平成24 年度(26 名)

【就職先】
札幌市役所、日本郵便、富士通、京セラ、ニトリ、日本糖業、日立物流、北海道農業会議

【他大学進学】