小出陽平助教(植物育種学研究室)が平成30年度(第17回)日本農学進歩賞を受賞

 応用生命科学分野 小出陽平助教(植物育種学研究室)が、平成30年度(第17回)日本農学進歩賞を受賞しました。
 日本農学進歩賞は人類と多様な生態系が永続的に共生するための基盤である農林水産業およびその関連産業の発展に資するために、農学の進歩に顕著な貢献をした者を顕彰する賞です。
 平成30年11月30日(金)に東京大学農学部弥生講堂にて授賞式および受賞者による受賞講演会が行われます。

研究業績課題名:イネ種間雑種における生殖障壁の打破とそのメカニズムの解明