中村 太士教授(森林生態系管理学研究室)がEnvironments Awardを受賞

 平成30年9月3日から5日に、台湾・台北市にて開催された 2018年アジア・グローバル・ランド・プログラム会議(GLOBAL LAND PROGRAMME 2018 ASIA CONFERENCE)において、森林科学分野の中村太士教授(森林生態系管理学研究室)が、「北海道における森林・河川・海域生態系のつながりを復元するためのダム改良(Dam improvement to restore a linkage between forest, stream, and marine ecosystem in Hokkaido, northern Japan)」と題する論文を口頭発表し、その結果、Environment(環境)分野において最も優れた内容であるとの評価を得ました。
 生態系のつながりを回復するための具体的な取り組み事例は世界的にも珍しく、またその成果を事前・事後モニタリング結果によって科学的に示したことが、高く評価されました。