丸谷知己特任教授(食水土資源グローバルステーション長、突発災害防災・減災共同プロジェクト拠点長)が、平成29年度赤木賞を受賞しました

 平成30年2月15日に、丸谷知己特任教授(食水土資源グローバルステーション長、突発災害防災・減災共同プロジェクト拠点長)が、一般社団法人全国治水砂防協会より、平成29年度赤木賞を受賞しました。
 この賞は、札幌農学校2期生新渡戸稲造博士の旧制第一高等学校教授時代の教え子で、その薫陶により砂防を志し現在の砂防の礎を築いたとされる赤木正雄博士を記念して創設され、砂防技術の発展に功績のあった者に授与される栄誉ある賞です。
 
(参考)一般社団法人全国治水砂防協会ホームページ
http://www.sabo.or.jp/index.htm