「北海道胆振東部地震 緊急フォーラム」を開催

 平成 30 年 9 月 6 日に発生した「平成 30 年北海道胆振東部地震」では、北海道全域において多面的な被害が生じました。
 北海道大学突発災害防災・減災共同プロジェクト拠点及び大学院公共政策学連携研究部では、各分野の研究者による緊急報告を主体に、次のとおりフォーラムを開催いたします。

【日 程】 平成 30 年 10 月 22 日(月)13:15~16:00(12:45 開場)
【場 所】 北海道大学学術交流会館1階小講堂(札幌市北区北 8 条西 5 丁目(JR 札幌駅北口より徒歩 7 分))
【主 催】 北海道大学突発災害防災・減災共同プロジェクト拠点、北海道大学大学院公共政策学連携研究部
【対 象】 研究者、行政・実務関係者、学生、一般市民
【募集人数】 150 人
【参 加 費】 無料

【プログラム】
1.開会挨拶
 名和 豊春(北海道大学 総長)
2.緊急報告
 「北海道胆振東部地震の発生メカニズムと強震動」谷岡勇市郎(地震学)(北海道大学大学院理学研究院 教授)
 「地震による厚真町の斜面崩壊」 小山内 信智(砂防学)(北海道大学大学院農学研究院 特任教授)
 「地震による液状化被害」 渡部 要一(地盤工学)(北海道大学大学院工学研究院 教授)
 「地震による建築被害」 岡田 成幸(建築工学)(北海道大学大学院工学研究院 特任教授)
 「地震による経済被害等」 石井 吉春(経 済 学)(北海道大学大学院公共政策学連携研究部 特任教授)
 「被災者支援等について」 高松 泰(防災政策)(北海道大学大学院公共政策学連携研究部 客員教授)
  ※北海道大学大学院公共政策学教育部修士課程学生によるボランティア・留学生被災体験報告を含む。
3.ショート・ディスカッション
 コーディネーター:山崎 幹根(行政学)(北海道大学大学院法学研究科 教授)
4.閉会挨拶
 山田 孝(北海道大学突発災害防災・減災共同プロジェクト拠点長)

【参加申し込み】
無料・事前申し込み不要。当日、直接会場にお越しください。
ただし、定員に限りがありますので、来場多数の場合は入場をお断りすることがあります。