シンポジウム「広がる!北海道産小麦の可能性」を開催します。

 来る11月16日(金)、北海道大学農学部において、シンポジウム「広がる!北海道産小麦の可能性」を開催いたします。品種改良によって様々な用途への利用が可能となりつつある北海道産小麦について、品種開発や実需のみなさまにご登壇いただきご議論いただきます。
 北海道の皆様はもちろん、生産や実需に携わるみなさまにお越しいただければと思います。シンポジウム終了後の懇親会も予定しておりますので、以下をご参照の上、お申し込みください。

シンポジウム「広がる!北海道産小麦の可能性」

主 催:寒地大規模畑作研究ネットワーク
    (拠点機関:北海道大学農学研究院)
    https://www.agr.hokudai.ac.jp/upland/
日 時:2018年11月16日(金) 13:30-17:00
場 所:北海道大学農学部4階 大講堂(札幌市北区北9条西9丁目)

プログラム
開会挨拶:北海道大学大学院農学研究院 副研究院長・教授 野口 伸
【講演】
1)「国産小麦を支える品種開発―“農林61号”から“ゆめちから”まで―」
    農研機構・北海道農業研究センター
    寒地畑作研究監 小田俊介 
2)「求められる北海道産小麦への挑戦」
    北海道立総合研究機構農業研究本部
    企画課長 吉村康弘
3)「日本初!パスタ用デュラム小麦の開発から商品まで」
    日本製粉(株)フードリサーチセンター
    センター長兼基礎技術研究所長 大楠秀樹
4)「”味”と”楽しさ”で多様化するパン市場」
    オフィスYT代表 深江園子
【パネルディスカッション】
 「北海道産小麦の可能性 ―国産農産物への期待―」
  パネリスト:小田俊介、吉村康弘、大楠秀樹、深江園子、上嶋 尚
  ファシリテイター:齋藤陽子(北海道大学農学研究院 講師)
【総括】 
 佐々木昭博(北海道大学 客員教授(農学研究院))
閉会挨拶:北海道大学大学院農学研究院 教授 貴島祐治

参加申込み:事前申込み不要・無料

問合せ先:寒地大規模畑作研究ネットワーク事務局
     https://www.agr.hokudai.ac.jp/upland/


懇親会のご案内
日 時:11月16日(金) 18:30~
場 所:イタリアンレストラン・カプリカプリ
    http://capricapri.jp/
会 費:おひとり5,000円+飲み物代
懇親会申込み:11月14日(水)〆切り
       https://www.agr.hokudai.ac.jp/upland/contact/
       よりお申し込み下さい。