国土保全学研究室、突発災害防災・減災共同プロジェクト拠点成果報告会「北海道の防災研究を考える ~広域複合災害研究センターへの展開~」を開催

 大規模災害に対する実践的な研究と国土保全を担う人材の育成を目的とした農学研究院「国土保全学研究室」、防災・減災に関する文理連携教育研究プロジェクト「突発災害防災・減災共同プロジェクト拠点」は、平成30年北海道胆振東部地震、平成28年北海道豪雨災害等、北海道の防災研究に主導的な役割を果たしてきました。
 この度、両組織の終了に際し、成果報告会を開催します。また、両組織を発展的に統合し平成31年度から開設予定の学内共同施設(研究施設)「広域複合災害研究センター」について紹介します。

【日  程】 平成31年3月5日(火)14:00~17:30(開場13:30)
【場  所】 北海道大学学術交流会館講堂(札幌市北区北8条西5丁目)
       札幌駅北口より徒歩10分
【主  催】 農学研究院国土保全学研究室、
       北海道大学突発災害防災・減災共同プロジェクト拠点
【後  援】 ロバスト農林水産工学国際連携研究教育拠点、砂防学会北海道支部
【対  象】 一般市民
【募集人数】 250人
【参  加  費】 無料
【言  語】 日本語
【プログラム】 
14:00 開会挨拶・感謝状贈呈
14:10 来賓挨拶 
14:30~15:00 寄附分野研究報告 小山内信智 特任教授
                 林真一郎 特任助教
15:00~15:30 突発災害防災・減災共同プロジェクト拠点活動報告・
        広域複合災害研究センターへの展開
        山田 孝拠点長(農学研究院教授) 古市剛久学術研究員
15:30~15:45 休憩
15:45~16:35 特別講演1 「平成の災害から何を学び、次の災害にどう備えるのか」松本 浩司 NHK解説主幹
16:35~17:25 特別講演2 「砂防分野における大学の役割と期待」栗原淳一 国土交通省砂防部長
17:25 閉会挨拶 横田篤 農学研究院長
17:30 閉会
【申込方法】
氏名・所属を明記の上、下記に(必ず両名に)メールにてお申し込みください。参加定員に達し次第、〆切とさせていただきます。
北海道大学大学院農学研究院国土保全学研究室 林 真一郎、齊藤 景子
メール:shayashi@cen.agr.hokudai.ac.jp
    keikos@cen.agr.hokudai.ac.jp
【その他】 
・18:00より情報交換会をレストランエルム(会費4,500円)にて開催します。参加希望の方は上記申込先に事前の申し込みをお願いします。
・学内共同施設(研究施設)「広域複合災害研究センター」の開設式は平成31年4月16日(火)13:00~17:00、学術交流会館にて開催予定です。詳細は決まり次第ご案内致します。