北大・地球研合同セミナー 「農」の再発見-世界のフィールドから見えてくること-

標記セミナーが、以下の日程で開催されますので、ご興味ありましたらぜひご参加ください。

日時:2017年8月4日(金) 13:30~17:30

場所:北海道大学大学院国際食資源学院 F319室

主催:北海道大学大学院国際食資源学院、総合地球環境学研究所

協力:北海道大学大学院農学研究院

 

開催趣旨:

「知」を再発見することは、私たちにとって非常に重要な試みです。そして、知を再発見するための方法はもちろん、「知」そのものも、極めて多様な広がりを持っています。

国際食資源学院は、世界や地域の暮らしの風景から見えてくるものを出発点に、この再発見の試みを行おうと考えています。

船水研究室が実施しているサニテーション(し尿・排水処理)のプロジェクトでは、「農」がサニテーション価値連鎖の形成の中で重要な位置を占めると考えています。

そして、「農」は単なる生産活動だけをさすのではなく、人々の暮らしや営みや文化も含んだものと捉えています。つまり、「農」の営みは「生活圏」の営みなのです。

サニテーションプロジェクトでは、「『農』の再発見:世界のフィールドから見えてくること」をテーマに、4回にわたって北大・地球研合同セミナーを開催してきました。

5回目となる今回は、地球研地域連携セミナーとして、このテーマをさらに深く掘り下げます。