主な研究テーマ

  • 収穫以後における穀物の品質保持と品質向上
  • 近赤外分光法による農産物や食品の品質評価
  • 新規素材を用いた食品及び包装資材の開発と機能性評価
  • 食の安全・安心を担保する新技術開発
米の食味試験の様子

「あなたは今日、何を食べましたか?」―あなたが食べたものの中に私たちの研究の成果が入っているかもしれません! 北海道から世界の食料と環境に貢献するため、生産の場(農林水産物)から食卓(食品)の後までの幅広い研究領域をカバーする活動を展開します。


学生

博士後期課程3年

  • Iweka Patricia Nneka
    研究テーマ:近赤外分光法による搾乳時乳質のオンライン測定

博士後期課程2年

  • Cho Byeonghyo
    研究テーマ:深層学習アルゴリズムを用いた青果物の鮮度評価手法の開発
  • Lee Kyeongmin
    研究テーマ:ガラス転移現象に着目した細菌の乾燥耐性メカニズムの解明

博士後期課程1年

  • 安部 大樹
    研究テーマ:カンピロバクターの感染確率の予測モデルの開発
  • 山本 貴志
    研究テーマ:ラマン分光顕微鏡を用いた微生物迅速検出法の開発