研究内容

 木質バイオマス構成成分の生合成から生分解に至るライフサイクルの中で生起する諸現象を有機化学、高分子化学、分析化学等の手法を駆使して分子レベルで追跡すると共に、木材の構成成分や高次構造を精緻に模倣したモデルを構築することでこれらの現象の基盤となっている本質の理解を目指します。また、循環型社会を構築するための木質バイオマスの効率的な利活用に関する教育と研究を行っています。

主な研究テーマ

  • 効率的なバイオマスリファイナリー技術の開発
  • リグニンの機能化と新規高分子材料の創出
  • セルロース系新素材の開発
  • 天然有機化合物の合成と構造-機能に関する研究
  • 木材腐朽菌に対する生物活性物質の探索
  • 生物活性物質の作用機作に関する研究

メンバー紹介