研究内容

病原菌の接種実験

真菌類、細菌類などの微生物には、植物に対し病原性を有する種類が存在します。これらが引き起こす病害の発生機構を解明して防御方法を確立するため、病原微生物の分類、性質及びそれらを取り巻く生物的あるいは非生物的環境との関係を学びます。

研究テーマ

  • 土壌伝染性病原糸状菌の病原性進化と生態
  • 日本におけるジャガイモ疫病菌の集団構造と病原力
  • コムギ条斑病菌に対する拮抗微生物の探索
  • アズキ茎疫病に対する抵抗性と遺伝子発現の関連
  • 日本におけるジャガイモ疫病菌の集団構造の解析
  • 非病原性Phialophora gregataによるダイズ落葉病の生物防除
  • チコリー葉枯症に関わるRhizoctonia 属菌の分類と生態

研究室の特徴

研究室紹介

植物病理学研究室 (旧植物寄生病学講座)の起源は,明治以来北海道の植物病原菌の分類・生態研究、北日本の植物相の研究を行なってきた札幌農学校時代の植物学研究室(宮部金吾教授)です.
当講座では栃内吉彦教授の時代に畑作物の病害,特に土壌を介して伝染する病害の研究に重点を置いて以来,土壌伝染性病原糸状菌の分類・同定と土壌中における生態の研究・教育を行なっています.

研究室の日頃の様子について

https://www.agr.hokudai.ac.jp/botagr/kisei/pathology1/xue_sheng_sheng_huo.html から参照願います。


メンバー紹介


日本植物病理学会 北海道部会

連絡先

住所

〒060-8589 札幌市北区北9条西9丁目
北海道大学大学院農学研究院
生物資源生産学専攻
作物生産生物学分野 植物病理学研究室

電話・FAX番号

Tel & Fax: 011-706-4938

研究室サイト

https://www.agr.hokudai.ac.jp/botagr/kisei/pathology1/youkoso.html