研究内容

多数の微生物が常時植物と接触しているにもかかわらず、実際に植物に感染できる病原体はごく少数に限られ、また感染しても植物が枯死にいたるような例は少ない。それは、病原微生物に対して、植物が様々な防御機構を備えているからである。

植物病原学研究室では、ウイルス病原体が示す病原性と植物の防御機能に関する研究を行っている。また、ウイルス耐病性遺伝子の探索やウイルス病の診断のために、ウイルス同定・定量法の開発を行う。

主な研究テーマ

  • 植物ウイルスの病原性に関する研究
  • 植物ウイルスのゲノム複製の分子機構に関する研究
  • 植物ウイルス耐病性の分子機構に関する研究
  • 植物ウイルスの同定と定量法の開発

業績

発表論文


メンバー紹介


連絡先

研究室サイト

http://plantvirus.lsv.jp/wordpress/