北海道大学大学院農学研究院

基盤研究部門生物機能化学分野

食品栄養学研究室

English

(写真)ラットの結腸組織切片におけるブロモデオキシウリジン陽性細胞の染色像。結腸上皮細胞のなかでDNA合成をしている細胞が茶色に染色されています。

この研究室では、摂取した食餌成分が生体の機能に対して及ぼす影響とそのメカニズムについて研究しています。時には、ごく少量のある食餌成分が生体内において非常に大きな作用を持つことがあります。実際に我々が日々摂取する食事成分には多種多様なものがあり、食事組成も千差万別です。そこで、私たちはその中でも特徴的な成分に注目して、それらが体に対してどのような影響を与えるのかということを、生理学、生化学、分子細胞生物学的な手法を用いて研究をしています。このような研究手法を土台にして健康な状態を維持するための食事の取り方において大事な点を明らかにしていく、というのが私たちの研究目的です。

 

この研究室の教員は大学院及び学部で以下の教育を担当をしています。

農学部では

 生物機能化学科 食品栄養学分野

大学院農学院では

農学院 応用生物科学専攻 食資源科学講座 食品健康科学専門分野(原・比良)

農学院 応用生物科学専攻 食資源科学講座 食品栄養学分野(石塚)

研究内容については上記それぞれのページをご覧下さい。

 研究室の人々

 教室の歴史

 リンク

このホームページについてのご意見、ご質問はshokuei@chem.agr.hokudai.ac.jpまでどうぞ。

2016年4月更新

060-8589 札幌市北区北9条西9丁目

Phone & fax: 011-706-2504