1. ホーム
  2. 大学院農学院
  3. 生物資源科学専攻
  4. 応用分子生物学講座

生物資源科学専攻

応用分子生物学講座

生物は生命体であり、その特性は自己複製を行うことである。各種の生物は、自己複製を行うとともに、新陳代謝を行い、環境に適応しながら生命体を維持していくが、これらの生命体維持の上で重要な役割を示す複雑な遺伝子発現機構やタンパク質機能発現の解明を行うとともに、その成果を生物生産の場に応用するための教育を行う。

担当教員

伴戸 久徳 BANDO Hisanori 教授 農学博士 応用分子昆虫学・ウイルス学
農学研究院 応用生命科学部門 応用分子生物学分野 応用分子昆虫学研究室
研究テーマ:昆虫ウイルス遺伝子発現制御、昆虫細胞機能改変、昆虫ウイルスベクター開発
木村 淳夫 KIMURA Atsuo 教授 農学博士 分子酵素学
農学研究院 応用生命科学部門 応用分子生物学分野 分子酵素学研究室
研究テーマ:生物化学、酵素化学、酵素反応機構、糖質化学、糖質および蛋白質の構造
浅野 眞一郎 ASANO Shin-ichiro 准教授 博士(農学) 分子昆虫学・細菌学、応用分子昆虫学
農学研究院 応用生命科学部門 応用分子生物学分野 応用分子昆虫学研究室
研究テーマ:分子昆虫学・細菌学
尾之内 均 ONOUCHI Hitoshi 准教授 博士(理学) 分子生物学
農学研究院 応用生命科学部門 応用分子生物学分野 分子生物学研究室
研究テーマ:
奥山 正幸 OKUYAMA Msayuki 講師 博士(農学) 分子酵素学
農学研究院 応用生命科学部門 応用分子生物学分野 分子酵素学研究室
研究テーマ:分子酵素学
佐藤 昌直 SATO Masanao 助教 博士(農学) 応用分子昆虫学
農学研究院 基盤研究部門 応用生命科学分野 応用分子昆虫学研究室
研究テーマ:分子昆虫学、システム生物学、合成生物学
田上 貴祥 TAGAMI Takayoshi 助教 博士(農学) 分子酵素学
農学研究院 基盤研究部門 応用生命科学分野 分子酵素学研究室
研究テーマ:分子昆虫学、システム生物学、合成生物学

修士修了者の進学・就職データ

年度 講座修了人数 就職人数 大学院博士課程進学人数 その他
26年度 12 10 2 0
就職先 自衛隊、サントリーホールディングス、日立プラントサービス、クラシエフーズ、日油など
25年度 8 6 2 0
就職先 日清食品、ホクト、高田製薬、長谷川香料など
24年度 8 6 1 1
就職先 新潟県警、宝酒造、日清フーズ、日産化学工業など
合計 28 22 5 1


ページトップへ戻る