1. ホーム
  2. 北大の農学
  3. 北大の農学

日本の農学教育研究の一大拠点である北海道大学の農学部、
大学院農学院は、世界の農学分野をリードする数多くの
指導者や研究者、傑出した企業人や文化人を輩出しています。


先端科学と社会を結ぶ4つのテーマと学び

農学は人類の生存基盤にかかわる諸問題を研究と教育を通して解決しようとする学問です。人類が現在抱える問題、未来に起こりうる問題に対して、それぞれの学科がどのようなアプローチで取り組んでいるのかを、皆さんの興味[キーワード]から読むことができます。


北大で農学を学ぶということ

北海道大学の歩みは1876(明治9)年、前身である札幌農学校の開校とともに始まります。以来、北の大地で育まれた農学のスケールは、国内屈指。
世界に誇る豊かな環境が、ウィリアム・S・クラーク博士が唱えた"lofty ambition"(高邁なる志)を受け継ぐ幾多の逸材を輩出しています。


ページトップへ戻る